テーブルクロス.jp
  • フリーダイヤル

テーブルクロスの生地について


綿テーブルクロス イメージ 綿テーブルクロス 現場写真

綿のテーブルクロスについて

綿は天然繊維の代表的なものになり、綿花より作られます。世界には綿花のいろいろな産地がありますが、綿の最大の特徴は吸水性です。 撥水加工のあるクロスも今は多いですが、本来ワインをこぼした時などに衣服につかないようテーブルクロスで吸水してしまうことが望ましいとされているわけです。 また常に水分を空気中より吸収している為、静電気がほとんど発生しないのも特徴です。

ビニール製テーブルクロス ビニール製のテーブルクロス 使用イメージ

ビニール製のテーブルクロスについて

上記のように、綿には吸水性があり食べ物な飲み物、特に色のあるワインなどを吸ってしまうと「染み」になってしまいます。場合によっては洗濯してもその染みや汚れは取れない場合もあります。 そこでビニール製のテーブルクロスの登場です。こちらは洗濯は出来ませんので基本的に一度きりのご使用となりますが、水を吸わずに弾きますので飲食テーブルなどにお勧めの素材です。

ポリエステルのテーブルクロス 使用イメージ ポリエステルテーブルクロス 現場写真

ポリエステル製のテーブルクロスについて

ポリエステルは合成高分子からつくられ、よく衣料用繊維、フィルムに使用されております。もちろん、テーブルクロスにも利用されています。 特徴としては非常に強く、しわになりにくく、吸湿性が少なく、熱可そ性があり、酸やアルカリに強いです。 所謂合成繊維であり、化学繊維の中で最も多量に生産されており、その生産量は年々増え続けています。

※熱可塑性(ねつかそせい):常温では変形しにくく、加熱すると軟化して成形しやすくなり、冷やすと再び固くなるプラスチックの性質です。アイロンでメンテナンスする際に便利です。

ポリエステルについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参照下さい!